クオーツ時計の歩度調整
■クオーツ時計の歩度調整


100円ショップでデジタル時計を買ってきました。
しかし、精度が悪い、一日あたり1秒は進む進む。



クオーツ時計は遅れる場合は水晶発振器自体を交換するしかないですが、進む場合はコンデンサを追加することによってある程度の調整ができます。



まずはバラバラにして水晶発振器の必要な端子にリード線を取り付けます。

まずは実験として、3つのパターンでコンデンサの効果を測定してみました。
時計の基盤の水晶発振器に直接33pFのセラミックコンデンサを取り付けます。
このセラミックコンデンサはただ単に、持っている中で一番小さい容量だったからです。
33pFの容量に深い意味はありません。

水晶発振器の片方の足にコンデンサを取り付けて、電池のプラス極に接続した場合
一日1秒進んでいた時間が一日あたり0.5秒遅れるようになりました。


コンデンサの端子を電池のマイナス極に接続した場合、1日あたり0.5秒遅れるようになりました。


水晶発振器の両足にコンデンサを接続して、電池のプラス極に接続した場合、一日あたり3秒遅れるようになりました。



▼コンデンサの容量を変えてみる

次にコンデンサの容量を変えてみました。
コンデンサを2個直列につないで約16pFぐらいになります。
接続してみたら、1日あたり約0.3秒ぐらい進むぐらいになりました。
ただ単に運がよかっただけでしょうけど、実用的な精度の月差15秒以内におさまりそうです。

もっと精度を調整したい場合は、セラミックコンデンサではなくて、調整できるトリマコンデンサを取り付けるほうがいいですね。



20160320更新


▲トップページ > その他