腕時計の竜頭を抜く
■腕時計の竜頭を抜く


時計を壊す方法です。
壊す方以外はマネしないでくださいね。


腕時計をケースから外して壊したい場合にはリュウズを抜きたくなります。
そんな場合にはムーブメントのリュウズの生えている根本付近をよく観察すると、矢印や窪みの目印が見つかるはずです。(見つからないって?そうなんだ、フーン!!)
リュウズを引いておいて、目印の部分を押しながらリュウズを引くと抜けると思われます。
はめる時は、そのまま軽く差し込んだだけではまる物や、目印を押しながらリュウズを押し込んでみたり試行錯誤です。

さあ、時計を壊してリュウズを抜きたい方は挑戦してみてください。
リュウズが抜けずに時計だけ壊れる事もあります。

小さい矢印の先の穴に押す部分があります。



イカにも押してくれと言わんばかりです。



100円ショップの時計にも押すところがあります



この古い時計はリュウズを押し込んだ状態で金具を押すとリュウズが外れて壊せました



このページは時計を壊すページです。
壊したくない時計は決してリュウズを外そうと思ってはいけません。
外したら最後、必ず壊れます。


▲トップページ > その他