○バッチファイル

■コメントの書き方

REM この部分がコメントになる

■画面に文字を出力する

-----test.bat-----
@echo off
echo testtest

-----実行結果-----
c:\>test.bat
testtest

■キー入力待ち

-----test.bat-----
@echo off
PAUSE
echo end
-----実行結果-----
c:\>test.bat
続行するには何かキーを押してください . . .
end

■バッチファイルのコマンドライン引数を取得する

-----test.bat-----
@echo off
echo %0
echo %1
echo %2

-----実行結果-----
c:\>test.bat aaa ccc
test.bat
aaa
ccc

■バッチファイルからバッチファイルを呼び出す(終わったら戻ってくる)

-----test.bat-----
@echo off
call a.bat
echo main

-----sub.bat-----
@echo off
echo sub

-----実行結果-----
c:\>test.bat
sub
main


■GOTO文

-----test.bat-----
@echo off
:Loop
echo test
goto Loop

-----実行結果-----
無限にtestが表示され続ける

■IF文

-----test.bat-----
@echo off
IF %1==aaa echo OK
IF NOT %1==aaa echo ERR

-----実行結果-----
c:\>test.bat aa
ERR

c:\>test.bat aaa
OK

■For文

▽数値のループ
FOR /L 変数 IN (開始値,ステップ,終了値) DO 実行するコマンド

-----test.bat-----
@echo off
FOR /L %%I IN (10,1,20) DO echo %%I

-----実行結果-----
c:\>test.bat
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20

▽フォルダの列挙

@echo off
FOR /D %%I IN (c:\*) DO echo %%I

指定フォルダ直下のフォルダを列挙します

コンソールにて
c:\>for /?
にて詳細な説明が表示されます

■環境変数の取得

-----test.bat-----
@echo off
echo %windir%

-----実行結果-----
c:\>test.bat
C:\WINNT

■変数の作成
コンソールが終了すれば作成された変数は揮発します
→バッチファイルが終了しても変数は保持されます

@echo off

REM 変数 a を作成して文字列 test を代入
set a=test

REM 変数 a に文字列 test2 を代入
set a=test2

REM 変数 a を使って比較
IF %a%==test GOTO OK
IF NOT %a%==test GOTO ERR

:OK
echo OK
GOTO END
:ERR
echo ERR
GOTO END
:END

PAUSE

■変数を使った計算

▽計算結果を変数 a に入れる
set /a a=2*(10+10)

▽変数 a b に値を入れて計算し、結果を変数 c に入れる
set a=10
set b=20
set /a c=%a%+%b%

▽上の式に括弧を使うこともできます
set /a c=(%a%+%b%)*10



▲トップページ > その他