●javamailでメールを送信する


■必要な部品を揃える

まずは、必要となる部品のjarを次のサイトからダウンロードします。
javamail-android

次の3つのファイルが必要となります。
additionnal.jar
mail.jar
activation.jar



3つのファイルをダウンロードしますが、jarはzipでまとめられていますので、開くと中身が見えてしまいますし、 勝手にzipとしてダウンロードしてしまうかもしれません。
その時はダウンロードしたファイルの拡張子をzipからjarにリネームしてください。

▼次にダウンロードした3つのファイルをメール送信したいプロジェクトのlibsフォルダにコピーします。

\AndroidStudioProjects\MyApplicationX\app\libs

その後にandroid studioでプロジェクトを開き直せば自動で読み込まれます。



■プロジェクトの設定


対象となるプロジェクトを開きます
\app\src\main\AndroidManifest.xml を開いて必要な権限を追加します


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="mail.myapplication">

    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />

    <application
        android:theme="@style/AppTheme">
        <activity android:name=".MainActivity">
            <intent-filter>
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>
</manifest>
赤文字の部分を追加することによりインターネットのアクセス権限をアプリケーションに追加します。



■gmailで自分自身にメールを送信する


画面にボタンを張り付けて、ボタンを押すとメールが送信されるようにします。
そのためには以下のコードのgmailアカウントとパスワードを自分の物に書き換えてください。


public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ((android.widget.Button)findViewById(R.id.button))
                .setOnClickListener(new android.view.View.OnClickListener() {
                    public void onClick(android.view.View view) {
                        asyncTask a=new asyncTask();
                        a.execute((Object)"gmailアカウント名",(Object)"gmailパスワード",new Object()) ;
                    }
                });
    }

    private class asyncTask extends android.os.AsyncTask{
        protected String account;
        protected String password;

        @Override
        protected Object doInBackground(Object... obj){
            //この関数は別スレッドで実行されるため、画面周りに関わる処理は出来ない。
            //また、戻り値はonPostExecuteの引数に渡され、そこで画面周りの処理ができる。
            account=(String)obj[0];
            password=(String)obj[1];

            java.util.Properties properties = new java.util.Properties();
            properties.put("mail.smtp.host", "smtp.gmail.com");
            properties.put("mail.smtp.auth", "true");
            properties.put("mail.smtp.port", "465");
            properties.put("mail.smtp.socketFactory.post", "465");
            properties.put("mail.smtp.socketFactory.class", "javax.net.ssl.SSLSocketFactory");

            final javax.mail.Message msg = new javax.mail.internet.MimeMessage(javax.mail.Session.getDefaultInstance(properties, new javax.mail.Authenticator(){
                @Override
                protected javax.mail.PasswordAuthentication getPasswordAuthentication() {
                    return new javax.mail.PasswordAuthentication(account,password);
                }
            }));

            try {
                msg.setFrom(new javax.mail.internet.InternetAddress(account + "@gmail.com"));
                //自分自身にメールを送信
                msg.setRecipients(javax.mail.Message.RecipientType.TO, javax.mail.internet.InternetAddress.parse(account + "@gmail.com"));
                msg.setSubject("タイトル");
                msg.setText("内容");

                javax.mail.Transport.send(msg);

            } catch (Exception e) {
                return (Object)e.toString();
            }

            return (Object)"OK";

        }
        @Override
        protected void onPostExecute(Object obj) {
            //doInBackgroundの戻り値が引数に渡される
            //メインスレッドで実行されるため、画面周りの処理ができる。

            //画面にメッセージを表示する
            android.content.Context context = getApplicationContext();
            android.widget.Toast t=android.widget.Toast.makeText(context,(String)obj, android.widget.Toast.LENGTH_LONG);
            t.show();
        }
    }
}

なんだか、ややこしい処理がいくつもあります。
そもそもネットワーク処理はメインスレッドで処理できないためAsyncTaskにより処理してもらう必要があります。
あとsmtp認証の部分ですね。
そこんところで特にややこしくなりますね。

しかし、上のコードのアカウント名とパスワードを書き換えて実行しても、エラーが発生することがあります。



javax.mail.AuthenticationFailedException が出ています。
まずは、アカウント名とパスワードが正しい事を確認してみてください。
次にgmailのメールボックスを見てみると、"ブロックされたログインについて・・・・" というメールが来てると思います。

この場合は最新のセキュリティ標準に対応していないため、セキュリティ上で例外が発生しています。
そこで、自己責任で自分のgoogleアカウントのセキュリティを外すとメールが送信できます。

▼設定用リンク
https://myaccount.google.com/lesssecureapps

あくまで自己責任ですので。



▲トップページ > android